警備実績

今回は、警備業の資格免許についてご説明していきたいと思います

 

 

警備員さんになって働くための資格というのは特にはありません。ですが、18歳以上でないと警備員にはなれないという警備業法の中での決まりがありますので、18歳以下の方は警備員さんとして働けないんですね

資格免許は資格手当がついたり、専門的な業務を行うこともできますし役に立ちますので取っておいて損はないと思いますので概に警備員として働いている方や警備員に興味がおありの方は是非、勉強して頂いて取得して頂きたいと思います

 

 

警備業務の資格検定は、施設警備業務検定、空港保安警備業務検定、雑踏警備業務検定、交通誘導警備業務検定、核燃料物質危険運搬警備業務検定、貴重品運搬警備業務検定の6種類の検定があります。また、各業務ごとに資格検定が設けられそれぞれ、1級、2級があり、その役割的なものも、1級2級では違うんですね。

 

 

1号業務

(1号業務とは、施設警備業務で、商業施設や空港、ビル、病院などの施設内で行う警備業務やモニター監視、施設内の施錠管理や退出管理、巡回など)  ・施設警備業務検定・空港保安警備業務検定があります。

 

 

2号業務

(2号業務とは、交通誘導警備業務、雑踏警備業務で、工事現場の誘導や、イベント警備など)・交通誘導警備業務検定・雑踏警備業務検定があり、交通誘導警備検定に関しましては、国道などの指定された路線には交通誘導警備員の2級の資格者の配置が義務付けされています。

 

 

3号業務

(3号業務とは、輸送警備業務、現金や貴重品、美術品などの運搬をする際の警備業務や核燃料等の運搬などの警備)・核燃料物質危険物運搬警備業務検定・貴重品運搬警備業務検定があります。

 

 

 

受験資格については、滋賀県であれば、申請者の住所が滋賀県内か、滋賀県内で警備員として働いていれば2級検定の受講は可能です。さらに、1級検定を受けるには、2級に合格後1年間、警備員として働くと受講資格が与えられます。

 

 

検定試験は、公安委員会が直接行う、直検と警備業協会等が行う特別講習があり、直検については、各都道府県により違いがあるそうですが、滋賀県の場合ですと直検が年1回、特別講習に関しては、年2回行わらています。ほとんどの方は、警備会社からの支給で特別講習や直検に行かれますが、中に独自で受講される方もおられるそうです。

 

検定内容につきましては、筆記試験と実技の試験に分かれています。公安委員会における直接検定では、学科試験に合格しなければ、実技試験を受けられません。協会等が行う特別講習につきましては、事前講習が2日間行われ、本講習と本試験を受け1ヵ月ほどで、合格発表の通知がきます。施設警備業務、交通誘導警備業務、雑踏警備業務の2級合格率は大体の目安ですが50パーセントから60パーセント台といったところで、受講者の半分は合格している感じですね。最近では、交通誘導警備業務の資格者配置路線の工事等も多いので、検定合格者が不足している状況にありますので、学科試験の見直しがなされたようです。新しい学科の資料を読みましたが、以前の物よりは、かなり簡単になっているように思いました。

 

警備業の検定以外の資格について

・機械警備業務管理者

特に経験などの受験資格は問われませんので、だれでも受験することができますが、講習を3日間受けた後に終了考査を1日受け80パーセント以上の得点が必要だそうです。

 

・警備員指導教育責任者

指導教育責任者資格は、警備業区分の1~4号警備ごとに選任しなけければ、警備業の営業ができないこともあり、警備会社にしましては、非常に重要度の高い資格で、この資格を取得することにより、警備員さんの指導や教育、管理などができます。

指導教育責任者は一定期間の講習を受講し、終了考査を合格することで取得することができます。期間は1号業務で7日間、2号業務3号業務で6日間、4号業務で5日間と業務区分ごとに日数がかわってきます。

 

現に警備員をされている方や警備員に興味のある方は、是非、検定を受験されて、合格して頂きたいと思いますね

 

それでは、今回はこの辺で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滋賀県長浜市にてトンネル内点検工に伴う、夜間交通誘導警備業務のご依頼を賜わっております

 

トンネルが長いので規制をするのも一苦労ですが、警備員さんの頑張りで、早く規制をすることができました

 

 

夜間の片側交互通行は、特に危険が伴いますので、しっかりとした確認が必要になってきます。

警備員のみなさま、工事作業員様ご苦労さまでした。交通規制でご迷惑をお掛けいたしました一般の方々ご協力ありがとうございました。無事、事故等なく工事が終了することができました

 

 

 

 

今回は、警備業と一言で言いましても、色々な警備業務があり、どんなお仕事があるのかをご説明したいと思います。

 

警備のお仕事は、人々の暮らしに直結する安全や安心を提供する社会的に責任があるお仕事で、お客様の需要に応じ、事故を未然に防いだり適格な誘導により、円滑な流れを作る重要なお仕事です。

 

みなさんも、警備員さんをいろいろな所で観られると思いますが、警備業には警備業法と言う法律でいろんな法律が定められ、その中で警備業務は区分ごとに大きく4つにわかれ、1号業務、2号業務、3号業務、4号業務に分けられます。

 

1号業務とは、施設警備業務で、商業施設や空港、ビル、病院などの施設内で行う警備業務やモニター監視、施設内の施錠管理や退出管理、巡回等があります。あと監視カメラやセンサーなどを施設内外に設置して遠方で監視する機械警備業務もこの1号業務に含まれ、セコム様やアルソック様といった会社様がこの機械警備業務では有名どころですね

 

2号業務とは、弊社がメインで行っています、交通誘導警備業務、雑踏警備業務です。工事現場の交通誘導業務や現場出入りの誘導など、現場により内容は異なりまして、片側交互通行や通行止め、車両の誘導や歩行者、自転車の誘導などがあります。雑踏警備業務では、主にイベントやお祭りなど人が大勢集まる場所の警備業務にあたります。

 

3号業務とは、輸送警備業務です。現金や貴重品、美術品などの運搬をする際の警備業務や核燃料等の運搬などの警備を行い、輸送する際の盗難や襲撃を未然に防ぐ為の警備業務で現金輸送車に乗っておられる警備員さんもこれにあたります。

 

4号業務とは、身辺警備業務です。身辺警備とは、ボディーガードとしてよく知られていますが、身近なもので最近では、DV被害対策やストーカー対策といった一般の方からのご依頼で警備するケースも増えているようです。よく政治家や有名な著名人の方のボディーガードをテレビでみますが、まさにそれが身辺警備にあたります。

 

このように、警備業と一括りでいいましても、色々な警備業務があり、各区分ごとに認定の許可を頂かなければ、その警備業務ができないのですね。

 

ということで今回は、この辺で

 

 

滋賀県蒲生郡日野町の国道307号線にて夜間工事のご依頼を賜わっております。交差点真ん中付近の舗装工事になります。

 

 

スタートが21時でしたが、車両が多く渋滞が起こりまして、一般の方々にはご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ありませんでした。深夜になるにつれ、車両も少なくなってきましたので、円滑な交通の流れで終了できました。皆さまご協力ありがとうございました。

警備員さんも夜遅くまでご苦労様でした。お疲れ様です